このサイトはアドセンスやアフィリエイト広告を利用しています

uopeople

UoPeopleに単位移管費用を詐欺られた話 解決まで5ヶ月かかった

UoPeopleに単位移管を3回したが、3回とも荷重請求されていた。そして、3ヶ月で10回以上問い合わせをしても、無視か、◯営業日で返信すると言われて、そのままバックレられていました。これが1~2回ならいいけど、10回以上メールしてこれだからね。心折れそうになったわ。

とりあえず、たくさん単位移管した人や何回かやった人は絶対に二重請求無断キャンセルされてないかチェックしたほうがいいよ

【重要】私は同じ科目を重複して申請したことはありません。従って、UoPeople内の何かしらの処理で二重で課金されていいます。

そして、大学の苦情処理センターに問い合わせをしたらやっと返事が返ってきた

解決できない問題は大学の苦情処理センターへ

英語で書くとGRIEVANCE (FORMAL COMPLAINT PROCESS) POLICYというのが、大学の学則にある
https://catalog.uopeople.edu/ug_term1_item/administrative-policies/grievance-formal-complaint-process-policy

学生には外部機関に苦情を提出する選択肢もありますが、ほとんどの州では学生がまず大学に直接問題を解決するよう求めています。そのため、UoPeople は学生に対し、外部機関に頼る前に、まず大学に正式な苦情を提出することを強く推奨しています。UoPeople での経験に関して問題や懸念がある学生で、正式な苦情の申し立てを希望する場合は、苦情担当官(Grievance@uopeople.edu) に直接連絡してください。

ここにはいろいろ解決のための連絡先がありますが、とりあえず大学の苦情担当官(Grievance@uopeople.edu)に連絡することをおすすめします。3ヶ月間全く進展しなかった問題がUoPeopleのアドバイザーのリーダーがやっと出てきた

解決した?してません。

請求書番号はただの飾り、明細がほしい?発行できないルールだから無理!

支払った合計の金額の領収書※内訳が乗っていない

移管された単位はAcademic Achivements> DeGREE AUBIT REPORT からそのコースで取るべき単位のリスト内訳が移管された単位名とUoPeopleで取得した単位と残りの単位

二重課金の詳細を調べるために請求書の明細が欲しいと伝えたら、請求書番号ごとの移管した単位のリストは発行しない!と言われたので、請求書単位で調べることは不可能です。まじバックレようとしているって思った。

3回詐欺られていたが、どんなことがあったのか

次の3つが主な荷重課金の原因です

  • 1つ目:一つの科目をお金を払ったあとに黙ってキャンセルしていた
  • 2つ目:一つの科目を二重請求していた
  • 3つ目:わからない。。。けど金額が合わない※もう疲れて調べる気も無くなった

普通の人は荷重課金に気がつけない理由:お金を払ったあとに黙ってキャンセルされる

これが一番悪質だった。例として外国語Aとする

単位移管した人ならわかるが、単位移管でお金を払ったからすぐに反映するわけではない。

Transferページから外国語Aが単位移管できるようになったので、お金を払う。そのうち単位反映されるだろうと思って待っている。でも全然反映されない。

ここで問い合わせをする、無視or◯営業日で返事をする→その後無視をする。

あとからわかったが、お金を払ってもらったが、そのカテゴリの単位は上限いっぱいだったのでキャンセルした。当然返金なんてされてない

システム的にお金払ったのに、それが勝手にキャンセルされるなんて思わないし、これは気が付かない。連絡し続けなければ詐欺られてました

同じ科目を二重請求されていた これは気がつけたかもしれないが無理だわ

例として人文科学Aとする

最初の日本の大学の単位すべてを移管手続きをする。何故か課金が2回に分かれていてた。その際に、うろ覚えだがたしか1回目と2回目で人文科学Aがあった気がするでも自信はない。最初っから疑ってたら気が付けた気がする

例えば、Google IT Supportって1つの資格で複数のコースの単位移管できるから、複数の課金されてもそういうものなんだなぐらいに思っていた。

調査を依頼してたら人文科学Aが二重課金されていた 3か月で認めたよ

3つ目 何かが課金されている 調べたけど何が課金されているかわからない

どうしても金額と単位数が合わない。おかしい。調べたけどわからない。UoPeopleから3ヶ月立って全部で3件余分に課金されていたと言われた。まさか予想外のやつがあるとは思わなかった。これは本当に分からなかった、そしてもうしんどくて調べる気力も無くなっていた

UoPeopleはカテゴリごとに上限枠があるんだけど、どうやらそれを超えて登録されていたようだ。本当かどうかわからない

UoPeopleのアドバイザーのリーダーがバックレて連絡取れなくなる

まじで、またバックレるの!?私はアドバイザーチームのリーダーです!私が責任持って担当します。って言ってたんだよ。それがバックレて連絡取れなくなるとか終わってるわ。。。。

そしてまた、問い合わせをするという作業が。。。まじで終わってるわ。完全に詐欺じゃん

何回か連絡すると、今度はアドバイザーチームのマネージャーが出てきた。もうなにこれ。。。

3件の重複課金してごめんね、調整して1件分返金するよという対応

メールの引用”As there are 3 courses that were approved twice” 結局3件に重課金されてたんです。でもねじゃあ3件返金されると思うじゃないですか、いろいろ調整して1件分の17ドル返金するね。詳細は aubit report 送るから見てねとのこと

いみがわからない。なんで3件分返金じゃなくて調整したら1件分になりましたになるの?

なぜ3件の重複がいろいろやって1件になったかの説明がないんだよ。怖くない?どうやって減らすの?って感じなんだよ。こうなりましたドン!!!ってでてきて前後の変更点が分からないんだよ。

このまま煙に巻かれそうで怖いんです。

とりあえず今はUoPoepleが所属するDEACにクレームを入れる準備中めんどくさい。https://www.deac.org/Student-Center/Complaint-Process.aspx

Transferされた単位が移管先が間違いまくってぐっちゃぐちゃ

更に色々突っ込んだんだけど、そもそも上限いっぱいの枠に二重で単位を登録している。間違えて、申請した単位を別の単位に振り分けていた。そしてUoPeopleの単位リストがおかしくなっていた。これこのままだったら余分にたくさん授業を取らなければいけなかった。

間違っていたから、Sophia Leaningで取った単位が無駄になった!

まじこれつらかった。。だって単位移管できるから取ったのに、それやっぱり移管できないからってなったからね。だからもう一回別の単位を取る必要が出てきてお金に無駄になった。99ドルまた必要になるとかつらすぎる

どうしたら防げる?ほぼ無理だって払ったあとにキャンセルしてバックレるから

やるとしたら、移管できる単位のカテゴリごとに1個ずつ確認して、単位を1つずつ移管手続きをするしかない。でも専門学校や日本の大学の場合は複数単位を一括で申請するので、その方法が取れない。

トラブルがあったら、5ヶ月間諦めずに連絡し続けたり、Grievance@uopeople.eduにメールして訴えるしかない

UoPeopleに詐欺られず単位移管でやるべきこと!でも100%は防げない

単位移管する際の画面を全部スクショして、1請求ごとにどの科目が対象になったか把握できるようにしておく。もしも同じ名前のものがあったら支払わず問い合わせる

可能な限り1コースごと申請すること

大学などのまとめて申請する場合は、1つずつ課金して、反映を待って問題がなかったら次を1つ支払う方法をとる

単位移管したい奴をチェックつけて支払う形式なので、まとめて10コースとか申請しても1つずつ支払いはできる

Aubit reportに反映されていなければ勝手にキャンセルされている可能性がある

そして詐欺られたと思ったら何度か問い合わせてUopeopleの苦情受付メールにGrievance@uopeople.edu連絡する。ちなみにtransferチームとadominチームのメーリングアドレスにいくら送っても返事は来ないので、送信した履歴だけ残して、それGrievance@uopeople.eduあてに転送して追記してください

UoPeopleはお金のない人向けなの大学でいい試みのはずなのに、私一人で3回単位移管して、3回も二重課金してるので、理念に反している結構やばい大学です。私はあと10コースだけなのでさっさと卒業してUoPeopleのことは忘れることにします。Sophia Learningとかやってなければ絶対全額返金してもらって止めてたわ

-uopeople